費用について

一般的に、弁護士費用は、事件を開始するに当たっていただく着手金と、事件が終了した場合にいただく成功報酬との2段階でいただくことになります。実費は別になります。

離婚事件における費用は、弁護士がどの段階で関与するかに関わってきます。

早期に弁護士を関与させることにより、交渉がスムーズにいき早期に解決することが可能となりますが、逆に長期化してしまうと、各段階ごとに弁護士費用が発生してしまい結果的に弁護士費用が高額になるおそれもあります。

当事務所は、今後の見通しも含めて弁護士費用のご案内を致しますので、突然、高額の費用が生じることは決してありません。また、早期にご依頼なさってもできるだけ弁護士費用がかさまないように前の段階の着手金を後の段階の内金として扱う等してできるだけリーズナブルになるように工夫をしています。見積もりだけでもお気軽にご相談ください。

分割払いの相談も可能です。お気軽にお問合せください。

1 交渉について

交渉は、夫と妻との直接の交渉では感情的になり離婚問題が解決できないような場合に弁護士が当事者に代わって離婚条件などを協議するものです。

交渉の費用は、着手金15万円です(消費税は別です)。

成功報酬は、(1)着手金と同金額か、(2)慰謝料と財産分与が獲得できた場合はそれらを足した金額の1割の、いずれか高い方の金額となります(消費税は別です)。

2 調停について

当事者間の話し合いでは解決できない場合は、調停を申し立てることになります。調停は、調停委員を間に入れた、あくまでも話し合いであることはご留意ください。なお、調停を経ないと離婚訴訟を提起することはできません。

調停の着手金は、30万円です(消費税は別です)。成功報酬は調停の着手金と同金額に慰謝料と財産分与が獲得できた場合はそれらを足した金額の1割を足した金額になります(消費税は別です)。

なお、交渉段階からご依頼をされた方は、すでにお支払いされた交渉の着手金15万円(消費税は別です)を内金として扱わせていただきますので、後15万円(消費税は別です)をお支払いいただければ調停に着手することができます。

3 離婚訴訟について

調停が決裂した場合は、離婚訴訟となります。離婚訴訟の着手金は、(1)調停から引き続き担当する場合は、20万円、(2)離婚訴訟から初めて担当する場合は、30万円です。

成功報酬は、調停の着手金と同金額に、慰謝料と財産分与が獲得できた場合はそれらを足した金額の1割を足した金額になります(消費税は別です)。

離婚無料法律相談実施中

  • 地域の方が気軽に利用できる離婚相談。
  • 初回60分無料相談。
  • 夜間・土日祝日も対応可能ですが、事前にご予約をお願いします。

法律相談のご予約は24時間受付

0120-114-253

私たちにご相談ください。

無料法律相談実施中

ご依頼・ご相談の流れ

初回のご相談は無料です

お申し込みはこちら

夜間・土日祝日も対応可能ですが、事前にご予約をお願いします。

アクセス

大宮駅徒歩4分

埼玉県さいたま市大宮区宮町2-10
シンテイ大宮ビル2F
TEL:048-650-0606
FAX:048-648-0733
【交通】
JR・東武鉄道・埼玉新都市交通「大宮駅」徒歩4分

川越駅徒歩2分

埼玉県川越市菅原町23-11
菅原ビル4階
TEL:049-277-4253
FAX:049-277-4254
【交通】
JR・東武鉄道「川越駅」徒歩5分
ページトップへ