こんな時ご相談下さい。

よくあるご相談のケースでは以下の事例があります。

夫(妻)の行動が不自然である場合

「夫(妻)の様子がおかしい。」「携帯を手放さなくなった。」「目を合わせようとしない。」「会話が極端に少なくなった。」「とっくに終わった話を持ち出して、責め立ててくる。」等の場合は、その陰に夫(妻)の不貞行為がある場合が多いです。こういう場合は、いきなり相手を問い詰めても逆効果です。証拠の集め方等々、今後のとるべき手段について早めにご相談ください。

夫(妻)が出て行ってしまった。

「妻(夫)が子どもを連れて出て行ってしまった。」「別居後、子どもに会わせてくれない。」このような場合ができるだけ早く監護権者の指定・子どもの引き渡しの審判及び保全処分を行った方がよいです。確かに、子どもを連れて行った方が有利という傾向はなきにしもあらずですが、これらの手続きをとることにより、調査官の調査を入れることができますのでお子さんの様子が分かります。あるいは、穏便に話し合いで解決を図る場合は、面会交流の調停の申し立てで話し合うこともできます。いずれにせよ、このような事例の場合はできるだけ早く相談をされる必要があります。

離婚に同意はしているが条件で合意ができない。

「性格の不一致から離婚の話を続けているが条件面で折り合いがなかなかつかない。」このような場合は、家庭裁判所の実務の基準が分からないままに、お互いが意固地になっている場合が少なくありません。仮に調停なり裁判なりをした場合は、どのような条件であれば認められるのか、それが分かるだけでも解決に至る場合が少なくありません。

親権を巡って双方が譲歩しない。

「離婚について同意はできているが、親権者について平行線のままに決まらない。」もっとも合意が難しいケースです。家庭裁判所の実務の傾向を踏まえて、冷静に見通しを立てる必要があります。

財産分与について

「財産分与の対象となる財産が分からない。」「妻は、預貯金の半分を請求するが、ローンの負担も半分してもらうことはできないか。」「貯まっているはずの預貯金が貯まっていない。」財産分与の対象とその割合は、その判断がなかなか難しい場合が少なくありません。是非、専門家の判断を仰ぐべきです。

離婚無料法律相談実施中

  • 地域の方が気軽に利用できる離婚相談。
  • 初回60分無料相談。
  • 夜間・土日祝日も対応可能ですが、事前にご予約をお願いします。

法律相談のご予約は24時間受付

0120-114-253

私たちにご相談ください。

無料法律相談実施中

ご依頼・ご相談の流れ

初回のご相談は無料です

お申し込みはこちら

夜間・土日祝日も対応可能ですが、事前にご予約をお願いします。

アクセス

大宮駅徒歩4分

埼玉県さいたま市大宮区宮町2-10
シンテイ大宮ビル2F
TEL:048-650-0606
FAX:048-648-0733
【交通】
JR・東武鉄道・埼玉新都市交通「大宮駅」徒歩4分

川越駅徒歩2分

埼玉県川越市菅原町23-11
菅原ビル4階
TEL:049-277-4253
FAX:049-277-4254
【交通】
JR・東武鉄道「川越駅」徒歩5分
ページトップへ